福士加代子V「リオ、決定だべ」 陸連の設定記録上回る 33歳の目標は『金』

2016.02.01


福士は安定感のあるレース運びで圧勝し五輪代表選出を確実にした【拡大】

 ■大阪国際女子マラソン 1月31日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着

 今夏のリオデジャネイロ五輪の代表選考を兼ねたレースで、福士加代子(33)=ワコール=が日本陸連の設定記録(2時間22分30秒)を上回る、日本歴代7位の2時間22分17秒で優勝。2013年世界選手権マラソンで3位の実績を持ち、この日のレース内容からも自身初の五輪代表への選出が確実な情勢だ。

 「いやー、うれしい。リオ、決定だべ」

 競技場内にヒロインの声が響き渡った。自己記録を2分4秒縮め2時間22分17秒で圧勝。20キロ以降に起こった両足裏の痛みに耐え抜き、会心の走りを披露した。

 序盤からハイペースで進み、ゴール予想が2時間21分を切るタイムで中間点を通過。5000メートル日本記録を持つトラックの女王は、徐々に脱落者が出る中で安定した走りを続けた。これまでのレースで終盤に落ち込み、永山監督から「(目標記録に)5秒足りないぞ」とハッパをかけられていたからだ。

 スタミナ切れで転倒を繰り返した2008年の初マラソン以降、3度目の五輪代表への挑戦。12年ロンドン大会の代表を逃してからは栄養士をつけ、1回の食事で500グラムの米を食べるなどスタミナ強化に努めた。昨年は故障に苦しんだが、直前合宿では持ち前のスピードを磨き上げた。

 それだけに、33歳の志は高い。リオの舞台へ向け「(目標は)金メダル」と笑顔でうなずいた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。