『ISPSハンダ・大江戸八百オープン』 レギュラー部門は大田和桂介プロが優勝

2016.05.31

大田和桂介プロ(左)と半田晴久会長(右)
大田和桂介プロ(左)と半田晴久会長(右)【拡大】

 男子レギュラー、シニアのプロとジュニアのアマチュアが共に戦う『ISPSハンダ・大江戸八百オープン』(賞金総額2000万円)が24日・25日、エーデルワイスGC(埼玉県入間郡)で行われた。

 各部門では、レギュラー部門で通算8アンダーの大田和桂介プロ、シニア部門で通算10アンダーの福澤義光プロ、ジュニア部門で通算6アンダーの田中章太郎選手がそれぞれ優勝。3人には、主催の一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)半田晴久会長より、グリーン羽織と優勝かぶとが贈呈された。

 なお、大田和プロと田中選手には、6月開催の「ISPSハンダグローバルカップ」、福澤プロにはPGAシニアツアー「ISPSハンダフィランソロピーシニアトーナメント」への出場資格が与えられた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。