日本男子400リレー48年ぶり決勝進出 中村、100自47秒99の日本新 (1/2ページ)

★リオデジャネイロ五輪

2016.08.08

48年ぶりの決勝進出を果たし、笑顔をみせる塩浦、小長谷、中村(左から)。第4泳者は古賀 (川口良介撮影)
48年ぶりの決勝進出を果たし、笑顔をみせる塩浦、小長谷、中村(左から)。第4泳者は古賀 (川口良介撮影)【拡大】

 ■水泳 男子400メートルリレー

 男子400メートルリレー予選で日本は3分14秒17の日本新記録をマークして全体8位となり、1968年メキシコシティー大会以来48年ぶりとなる決勝進出を決めた。

 第1泳者の中村克(22)=イトマン東進=が47秒99で個人としても男子100メートル自由形の日本新記録をたたき出す最高のスタート。自身の持つ日本記録を0秒26更新する快記録でトップ争いに食い込んだ。「ずっと狙っていたのでよかった」と会心の泳ぎ。

 モヒカンヘアが目を引く塩浦慎理(24)=イトマン東進=も、2番手で2位をキープ。「とりあえず一安心」と胸をなで下ろしつつも手応えを感じた様子だ。

 競泳の花形とされる男子自由形はまさに体格が実力に直結する世界。体の大きさで劣る日本勢が苦戦を強いられてきたことは、48年ぶりという時間が雄弁に物語る。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。