卓球男子、「銀」以上が確定 独を下して決勝進出 

2016.08.16

 ドイツを破って決勝進出を決め、大喜びの水谷=リオデジャネイロ(共同)
 ドイツを破って決勝進出を決め、大喜びの水谷=リオデジャネイロ(共同)【拡大】

  • <p> ドイツを破って決勝進出を決め、喜ぶ(左から)丹羽、吉村、水谷=リオデジャネイロ(共同)</p>

 男子団体準決勝が行われ、日本はドイツを3−1で破って初の決勝進出を果たし、銀メダル以上が確定した。2008年北京五輪から始まった同種目でのメダル獲得は初めて。エース水谷隼(ビーコン・ラボ)はシングルスの銅メダルに続き、今大会二つ目のメダルとなった。17日の決勝では中国−韓国の準決勝の勝者と対戦する。

 第1試合のシングルスで吉村真晴(名古屋ダイハツ)が敗れたが、その後はシングルスで水谷、ダブルスで吉村、丹羽孝希(明大)組、シングルスで水谷が3連勝した。

◆水谷隼

 「今回、シングルスと団体のメダルを達成できてうれしい。優勝しか見ていない。あと1試合、最高のプレーをしたい」

◆吉村真晴

 「まだ試合は終わっていないが、自分の目標のメダルが確定してほっとしている。水谷さんがエースとして流れを引き寄せてくれて、僕も自分なりの仕事ができた」

◆丹羽孝希

 「メダルはずっと目標にしていたので、すごくうれしい。ロンドン五輪では悔しい思いをした。(そこから4年間は)いいことばかりではなかったが、最高の結果を残せて良かった」(共同)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。