“不毛な議論”がスポーツ文化の発展遅らせる 五輪ボート会場問題 (1/2ページ)

2016.11.04

ナニかと批判にさらされる海の森水上競技場の完成予想イメージ(東京都提供)
ナニかと批判にさらされる海の森水上競技場の完成予想イメージ(東京都提供)【拡大】

 連日繰り広げられている、東京五輪の競技会場の見直しに関しての議論。一番の仰天は、やっぱりボート会場ですよねえ。

 当初の69億円は東京五輪を招致するために、鉛筆なめなめした数字だから、そこを根拠にするのはムリ、というのは分からなくもない。五輪、欲しかったですからね、みんな。ただ、ほどなくして見積もりが1000億超に膨らみ、世間が「エッ」と驚いたら、いきなり半額以下の490億円。さらに、新都知事の再調査を経て、埼玉や宮城との競合が浮かび上がるや、300億円というから、日を追うごとに怪しさが増します。

 おまけに、ボート競技の3禁は「波」「風」「潮」だそう。

 私は、与えられた環境で全力を尽くすのが真のアスリートであり、“アスリートファースト”なんていうヒトに、まともなアスリートはいないと考えていますが、そんなモットーの私でも、風力発電の風車が立ち並んでいる海辺はさすがにマズイのではないかと思う。

 ここは素直に、「将来予測はやっぱり難しいですなあ」と頭を下げて、イチからやり直せばいいじゃないのと思うのですが、やっぱり当事者とすれば、振り上げた拳をおろすのは簡単ではないのでしょう。誇り高きスポーツマンだし。しかしながら、IOCや競技団体の会長が次々に現れ、当初の約束を守るべし、と力めば力むほど、ヨノナカの反応はむしろ冷えている感じで、逆効果に思える。

 私が危惧するのは、こういうことが続くと、スポーツの発展がまた遅れるのではないかと。

 五輪招致が決まってから、ある程度、良い流れで来ました。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。