羽生結弦「“シュッ”が足りなかった」 でもSP今季最高 NHK杯

2016.11.26

羽生は鮮やかな紫の衣装をまといSPで今季世界最高点をマーク
羽生は鮮やかな紫の衣装をまといSPで今季世界最高点をマーク【拡大】

  • <p>男子ショートプログラム 演技を行う羽生結弦=札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(納冨康撮影)</p>
  • <p>男子ショートプログラム 演技を行う羽生結弦=札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(納冨康撮影)</p>
  • <p>男子SPの演技を終え笑顔の羽生結弦=真駒内セキスイハイムアイスアリーナ</p>

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯の男子ショートプログラム(SP=25日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)で、羽生結弦(21)が今季世界最高の103・89点をマークし首位に立った。

 約1カ月前のスケートカナダでひざをつき2位に終わる要因となった4回転ループを、ぐらつきながらこらえ、その後は4回転サルコー−3回転トーループ、トリプルアクセル(3回転半)を鮮やかに決めた。

 サプライズは衣装。前戦では白が基調だったが、この日は紫。「(衣装を見た観客が)『うわー』ってなったので、うれしかった」と、してやったり。前戦と共通する柄物のベストは、今季SPの演目「レッツ・ゴー・クレイジー」を歌うプリンス(今年4月急死)を意識したものだ。

 今後の課題は4回転ループの精度。「“シュッ”とやって“パッ”と降ります。そんな感じなんです。今は“シュッ”が足りない。言ってみればタイミング」と独特の“ゆづ語録”を炸裂させた羽生。何はともあれ会心の演技を見せてほしい。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。