松山英樹、チャンスは4月のマスターズ 優勝の可能性だってあるぞ

2017.01.04

マスターズに勝つにはドローが必要だ
マスターズに勝つにはドローが必要だ【拡大】

 出れば勝つ状態で年末を迎えた男子ゴルフの松山英樹(24)。2016年はツアー外の試合を含めて5勝を挙げた。新年は1月5日からハワイで行われるトーナメント・オブ・チャンピオンズに出場する。

 注目はもちろん四大メジャーを手にすることができるかどうか。最大のチャンスはコースを知り尽くしている4月のマスターズ・トーナメント(米ジョージア州オーガスタナショナルGC)。今のままの調子を維持できれば、優勝の可能性はあるといっていいだろう。

 団体戦を除けば16年は終盤5試合で4勝した。「いい形で締めくくれたが、中盤は思うようなプレーができなかった。もう少しできたんじゃないかという気持ち。成績だけ見れば絶好調だが、そうでもない」と納得できない様子だったが、逆にいえばまだ伸びしろがあると感じているということだ。

 松山の好調時は距離の出るフェードの精度が高い。一方、ドローはまだコントロールしきれていない場面がある。マスターズは左ドッグレッグが多いことから、ドローの選手が有利であるといわれている。どんな攻め方をするかも見物だ。

 女子では畑岡奈紗(17)の飛躍が期待される。「日本女子オープン」で史上初のアマチュア優勝、プロ転向、さらに新年からは米ツアー参戦。十分に世界で戦えるポテンシャルを秘めているだけに、驚くような好成績を挙げる可能性もある。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。