ドーピング違反で資格停止のシャラポワ、4月に復帰へ 

2017.01.11

マリア・シャラポワ(ゲッティ=共同)
マリア・シャラポワ(ゲッティ=共同)【拡大】

 女子テニスの元世界ランキング1位で、ドーピング違反で資格停止となっているマリア・シャラポワ(ロシア)が、処分が解ける4月にドイツのシュツットガルトで開催されるポルシェ・グランプリ(4月24〜30日)でツアー大会に復帰する見通しとなった。大会スポンサーが10日、主催者推薦でエントリーすると発表した。AP通信が報じた。

 29歳のシャラポワは「最も好きな大会の一つで復帰できるのはこの上ない幸せ」とコメントした。昨年1月に禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示して国際テニス連盟(ITF)から2年間の資格停止処分を受けた。これを不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴え、1年3カ月(15カ月)に処分期間を短縮する裁定により、4月26日から試合への復帰が可能となった。(共同)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。