【隆の里から稀勢の里へ】腸ねん転で緊急入院「オレなら休まない」 鳴戸親方の甘え、妥協許さぬ指導 (1/2ページ)

2017.01.27

初場所千秋楽。土俵際で白鵬に逆転勝ちした一番にも、先代師匠の教えが生かされていた
初場所千秋楽。土俵際で白鵬に逆転勝ちした一番にも、先代師匠の教えが生かされていた【拡大】

★(2)

 大相撲はストイックな競技だ。一瞬で勝負が決するだけに、心の面をなによりも重視し、甘えや妥協を嫌う。そういう指導でも、稀勢の里を育てた先代師匠の鳴戸親方(元横綱隆の里)は厳しかった。

 2008年8月にモンゴル巡業が行われ、肉中心の慣れない食事で体調を崩す力士が相次いだ。稀勢の里もそのひとりで、帰国後に腸炎を発症。秋場所前には腸ねん転と診断され、都内の病院に緊急入院した。出場は厳しい状況だったが、先代師匠は枕元でこう言った。

 「オレは現役時代、何度も病院から場所入りした。その気になれば、相撲は取れる。いまはとても大事なときだ。オレなら休まない」

 この場所、稀勢の里は3場所守った小結から転落し盛り返そうとしていた。この言葉を聞いて出場を決意し、退院する5日目まで病院から国技館に通った。さすがに水も思うように飲めない体では勝負にならず、4日目までは黒星続きだったが、5日目にはこの場所の優勝者、白鵬を気力で押し出し金星を挙げている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。