卓球を「おカネが回る業界」に 賞金を出すところからスタートするのも妙手 (1/2ページ)

2017.02.02

女子シングルスは平野美宇が初優勝を飾った
女子シングルスは平野美宇が初優勝を飾った【拡大】

 卓球の全日本選手権(1月16−22日、東京体育館)をみてきました。大会3日目の水曜日、“ど平日”にも関わらずにぎわっていました。

 オリンピックの好成績、次世代の躍進とがあいまって、近年卓球人気は右肩上がりだそうな。近年、各競技とも強化が急速に進んでいますが、卓球はその中でも特にうまく行っているといってよいでしょう。

 継続的な発展を成し遂げるには一にも二にも、おカネが回る業界にすることです。強化費を奮発してきた政府も、2020年以降は大幅に縮小することは間違いなく、各競技団体は自立の道を歩まざるをえないのです。

 では、おカネが回る業界にするために、どこからどう始めるべきか。賞金を出すところからスタートするのも妙手ではないかと思っています。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。