欧米メディア、松山を絶賛!「今の彼を止めるのはほぼ不可能」 米男子ゴルフ (1/2ページ)

2017.02.07

米男子ゴルフのフェニックス・オープンで日本勢単独最多となるツアー通算4勝目を挙げ、トロフィーを手に笑顔の松山英樹=5日、TPCスコッツデール(共同)
米男子ゴルフのフェニックス・オープンで日本勢単独最多となるツアー通算4勝目を挙げ、トロフィーを手に笑顔の松山英樹=5日、TPCスコッツデール(共同)【拡大】

 ■米男子ゴルフ・フェニックス・オープン最終日(5日=日本時間6日、アリゾナ州TPCスコッツデール=7266ヤード、パー71)

 去年とそっくりな展開で連覇を果たした松山英樹(24)を欧米のメディアは驚きをもって報じた。松山はフェニックス・オープンを連覇した6人目の選手となった。

 USA TODAY紙は「松山とフェニックス・オープンの恋愛関係が続く。特にプレーオフにとても強い気持ちで臨んでいる」と相性の良さを報じた。

 英BBCテレビは「松山、プレーオフで劇的な勝利」の見出し。過去の連覇達成者はベン・ホーガン(1946〜47)、ジミー・デマレ(49〜50)、ロイド・マングラム(52〜53)、アーノルド・パーマー(61〜63、3連覇)、ジョニー・ミラー(74〜75)。そうそうたる顔ぶれだ。

 ゴルフウイーク誌は「今の松山は止めることはほぼ不可能だ」とし、昨年秋から9戦5勝の強さを称賛。米CBSスポーツは「松山は米ツアーで最も勝利した日本人になった」と見出しを立てた。

 毎回、大観衆が集まることで知られる1932年に始まった歴史ある大会。最終日も5万9000人の観衆であふれ、1週間の観客動員は史上最多の65万5434人となった。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。