イタリア代表に“ホモ疑惑”再燃!2人いる?

2012.06.15


カッサーノの一言で、ピッチ外が騒々しい(ロイター)【拡大】

 イタリアは欧州選手権の初戦(10日)で、世界ランク1位のスペインと1−1ドロー。大会前に八百長問題で有力選手が逮捕されるなど心配されたが、元世界王者としてまずは好スタートを切った。

 しかし、ピッチ外では“問題児”の発言が波紋を広げている。今週、キャンプ地ポーランドで会見に臨んだのはエースFWのアントニオ・カッサーノ(29)。2010年に受けた先天性心臓疾患の手術から生還し、「再びユーロの舞台に立てるとは思わなかった」としみじみ振り返った。

 ところが「イタリア代表にホモが2人いるというのは本当か?」との質問に“本領”を発揮。「プライベートな問題だが、もし彼らとシャワールームで一緒になったらいやだね。やっぱりホモはチームにいない方がいい」とやってしまった。

 欧州サッカー界では、性的嗜好の差別は人種差別に匹敵するほど批判される。しかもブランデッリ監督から「その質問が出るから気をつけろ」と忠告されていたという。

 ここ数年、アズーリ(イタリア代表の愛称)には「ホモがいる」という噂がささやかれ続けている。ゲイ雑誌に「厚い胸板を包む、あのピッチリした青いユニホームがいい」と書かれたことも。09年には、当時のリッピ監督が「ゲイは代表に呼ばない」と語ったことで、「監督が公式会見で語るからには、本当にいるに違いない」と疑惑は深化していた。

 今大会直前、ゲイに詳しいイタリアのジャーナリストが「代表に2人のホモ、1人のバイセクシャルがいる。1人はセリエAとCに在籍したことがある選手」と話したことで、アントニオ・ディナターレ(34)に疑惑の視線が注がれた。

 スペイン戦でゴールをあげたベテランFWは「バカバカしい」と取り合っていない。カッサーノの発言は、またもやアズーリの疑惑にスポットライトを当ててしまったようだ。(大瀧真砂子)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。