マンU香川 モイズ監督に毛嫌いされ…来季去就のカギは 独・恩師の動向

2014.04.21


ドルトムント、ユルゲン・クロップ監督 (ロイター)【拡大】

 香川は来季もマンUでプレーできるのか、微妙な状況だ。デビッド・モイズ監督(50)が香川を毛嫌いしているからだ。それだけに多くの英国紙が今季無冠が決まったマンUの来季のチーム編成と、今後の香川の動向に注目している。

 香川の去就に関し、有力視されているのが古巣・ドルトムントへの復帰だ。ここまでドイツ代表MFマルコ・ロイスとのトレード話があり、最近ではレンタル移籍の可能性がささやかれている。また、他の強豪クラブへの移籍の噂も絶えず、マラドーナも在籍したことがあるイタリアのナポリの名前もあがった。

 しかし、ここにきてドルトムントでの香川の師匠だったユルゲン・クロップ監督(46)が、カギを握っているようだ。香川との師弟関係が続いている同監督はマンUとスペインのバルセロナが来季監督としてリストアップ。秘蔵っ子として指揮官の新天地に行動を共にする可能性があるともいわれている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。