本田、決死の覚悟を激白 改めてV宣言 重病説は否定 (1/2ページ)

2014.06.05


練習前に取材に応じた本田。喉の手術痕についても言及した=4日、米フロリダ州クリアウオーター(山田喜貴撮影)【拡大】

 悲壮なW杯決意表明だ。サッカー日本代表のFW本田圭佑(27)=ACミラン=が4日(日本時間5日)、合宿中の米フロリダ州クリアウオーターで報道陣の取材に応じた。代表招集後、喉の下に手術痕と思われる傷があることが明らかになり、深刻な疾患を心配する声が上がっていたが、「自分の口から手術をしたと言ったことはない」と体調不良を否定。目前にせまったW杯ブラジル大会では、「誰が何を言おうとあきらめない」と、あくまでも優勝を目指すことを宣言した。

 いつもの本田ではなかった。報道陣が投げかける質問をかみしめながら答えた約9分にわたる激白。これまでは冗舌な本田の受け答えに笑いが起きる場面もあったが、この日は最後まで緊張感に包まれていた。

 心配されていたのが首の傷跡だ。本田のコンディションが完璧ではないのは誰の目からも明らか。喉下の首もとにある約10センチほどの傷を隠すように絆創膏が貼られているのが、強化試合のコスタリカ戦でも確認された。

 一部報道では、本田は甲状腺疾患を抱えており、昨年12月に手術を受けたと伝えられている。甲状腺ホルモンが正常でなくなると、疲労を感じやすくなるなどの症状が出るといわれており、本田はW杯のために手術を受ける決断をしたというのだ。

 しかし、この日、本田は疾患を抱えていることを否定した。

 「“一度も”自分の口から手術をしたとは“一言も”言ったことはない。自分がここにいることだけで十分じゃないですか」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!