香川、マンU残留報道「ファンハール監督が好むシステムに適応」

2014.08.07

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)からのトレード放出が噂されるMF香川真司(25)について、英紙エクスプレスは6日、「残留するだろう」と報じた。

 同紙によると、マンUはスペイン1部のアトレチコ・マドリードに所属するトルコ代表MFアルダ(27)の獲得を検討しており、香川を交代要員としている。

 しかし、アルダが「スペイン最高のチームであるアトレチコに残りたい。自分はこの組織の一部だ」と強く残留を希望しているために交換トレードは実現しないという。

 また同紙は「香川は、ファンハール監督が好む3−5−2のシステムに適応する。プランの中に残るかどうか注目される」と伝えている。

 アトレチコ・マドリードは、香川の獲得に興味を示しており、マンUのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスと合わせて2500万ポンド(約43億円)を超える移籍金を準備しているとされる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。