ドルト・香川、脱スランプへ“シンプルのススメ” 本田もハマッたスパイラル

2014.10.31

 ドイツ・ブンデスリーガの古巣ドルトムントに復帰した日本代表MF香川真司(25)の調子がいまひとつだ。28日、ドイツ・カップ2回戦のザンクトパウリ戦では1ゴール1アシストと活躍したが、相手は2部のチームである。日本のカップ戦でもJ1とJ2のクラブが対戦すれば、これくらいの差がつくはずだ。

 不振の原因は、W杯ブラジル大会で本田(ACミラン)がハマッた“負のスパイラル”と同じ。パス、ドリブル、ゴールやアシストも自分でやりたがる。何でそんなに無理するのかと思うほど焦っている。全てやろうとするから空回りし、できないからさらに焦る。悪循環だ。前所属のマンチェスター・ユナイテッドで夢破れたことも影響しているだろう。

 ドルトムントはリーグ戦では15位と低迷中。このクラブも優勝争いが義務づけられているだけに、このまま成績不振が続き、香川に全幅の信頼をおいているクロップ監督が解任されたら、彼は再び飼い殺しの憂き目にあう可能性が高い。

 スランプから脱出するには、シンプルにプレーすることを心がけるのが大切だ。私が彼を初めて見たのは、高校時代に参加した東北選抜のときだったが、ボールと戯れているという言葉がぴったりだった。今、必要なのは原点回帰。余計なことは考えず、シンプルにプレーしていたあの頃を思い出してほしい。 

 ■清水秀彦(しみず・ひでひこ) 1954年11月4日、東京都生まれ、59歳。浦和市高、法大で全国制覇。77年に日産自動車サッカー部(現横浜M)に入団。88年に現役引退し、91年に同部監督に就任。93年のJリーグ開幕戦で勝利監督になった。96年福岡、98年は京都の監督を歴任。2001年に仙台をJ1に昇格させ、02年にはJリーグ初の監督通算100勝を達成。04年にNPO法人「H・S SPORTS CLUB」を設立。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。