カナダTV局が選んだベストゴールはオランダ戦阪口の一撃 “最悪の瞬間”はイングランドOG 

2015.07.06


オランダ戦でゴールを決めてポーズを決める阪口【拡大】

 カナダの大手スポーツ専門局「TSN(ザ・スポーツ・ネットワーク)」が、5日の決勝を前にベストゴールを独自で選出し、オランダ戦のMF阪口の得点が選ばれた。

 “和製バルセロナ”といわれるなでしこジャパンのパスコンビネーションで奪った得点。MF宮間の折り返しをFW岩渕がスルーして阪口が決めた。TSNは「チームゴールの最高峰。最高のチームプレーができるのが日本であることを改めて見せつけたシーンだ」と評価した。

 同時に選出されたワーストゴールには、オランダ戦でのGK海堀の後逸による失点が選ばれた。「彼女は今自分がどこにいて何をしているのかを完全に忘れ去ったようだった。むしろオウンゴール。思わず(あ然として)あごが落ちそうになった」とした。

 また、“最悪の瞬間”としてイングランドのDFバセットのオウンゴールが選ばれた。英国紙は「エドモントンの悲劇」の見出しをつけ、TSNも「スポーツはこれほどまでに残酷なシーンを生み出すことができるのか」とした。

 ほかに“最も失望させたチーム”としてブラジルが選ばれ、“最悪の施設”としてモントリオール・オリンピック・スタジアムが選ばれた。「人工芝という問題は残ったがカナダがFIFAの大会を主催する能力が十分あることを証明した大会だった」と自画自賛した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。