「勝てない世代」をリオへ導いた“手倉森流マネジメント” 源流には挫折があった (1/2ページ)

2016.01.30


アジアの頂点を目指し、因縁の日韓戦に臨む手倉森監督。雪辱を果たし、有終の美を飾りたい(桐山弘太撮影)【拡大】

 6大会連続となる五輪出場を決めたサッカー男子のU−23(23歳以下)日本代表は日本時間30日午後11時45分から、ドーハでのU−23アジア選手権決勝でアジア王者をかけて、宿敵韓国と戦う。同世代にとっては2014年仁川アジア大会準々決勝で敗れたリベンジ戦。手倉森誠監督(48)は「勝てない世代」といわれたチームをまとめ、ここまで5戦全勝に導く手腕を発揮した。選手をやる気にさせる手倉森流マネジメントの源流に迫った。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

 「万が一(五輪)出場を逃せばそれは(日本サッカー界の)大きな汚点になる。負けたら自分のサッカー人生が終わる」。今大会は「辞表」を胸にしまっての決戦だったことを明かした指揮官。サッカー人生は順風ではなかった。

 ■挫折

 青森県出身。五戸高時代に双子の弟、浩氏(現日本サッカー協会復興支援特任コーチ)と出場した全国高校サッカー選手権で注目された。

 だが、日本リーグの住友金属(現J1鹿島)では陽が当たらなかった。当時現役だった元日本代表監督のジーコ氏と交代出場した際にブーイングを浴びたことも。当時の鹿島関係者は「プロになるかアマでいるか面接した。手倉森は完全に構想外だった」という。

 鹿島の町がプロ化で沸く中、Jリーグ開幕前年の1992年に契約を打ち切られた。「自暴自棄になって1000万円以上あった貯金を競馬で使い果たし、弟の仕送りで暮らした時期もあった」(同)

 ■覚悟

 Jリーグでの出場がないまま95年に現役引退。28歳で指導者に転身し、山形、大分などでコーチとして経験を積み、転機が訪れたのは2008年、41歳の時。当時J2だった仙台の監督に就任。4季連続で監督が1年で解雇される最悪のチームだったが、「オレには覚悟がある。ベガルタ(仙台)をアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に進出させるクラブにする」と宣言した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。