本田へ ボランチ転向決断の時 選手生命延ばすためにも (2/2ページ)

2016.02.04

ミラノダービーでの本田はよく動けていた(ゲッティ=共同)
ミラノダービーでの本田はよく動けていた(ゲッティ=共同)【拡大】

 日本代表のハリルホジッチ監督が本田をワントップで起用するプランを持っているという。アジアレベルなら現在の攻撃力で通用するだろうが、世界レベルにワントップで臨むのは正直、厳しいだろう。

 今季の本田は、欧州リーグのレベルと自身の現状の狭間に苦しむ予感がする。ミランではアシスト役として生きることを宣言したが、今後のサッカー人生のためにも、もうひとつの“決断”に期待したい。

 ■清水秀彦(しみず・ひでひこ) 1954年11月4日、東京都生まれ、61歳。浦和市高、法大で全国制覇。77年に日産自動車サッカー部(現横浜M)に入団。88年に現役引退し、91年に同部監督に就任。93年のJリーグ開幕戦で勝利監督になった。96年福岡、98年は京都の監督を歴任。2001年に仙台をJ1に昇格させ、02年にはJリーグ初の監督通算100勝を達成。04年にNPO法人「H・S SPORTS CLUB」を設立。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。