守備陣は非常事態… 立て直しのカギは大島 技術面は申し分なし

2016.09.03

ヘディングでせりあう吉田麻也= 埼玉スタジアム2002 (撮影・中井誠)
ヘディングでせりあう吉田麻也= 埼玉スタジアム2002 (撮影・中井誠)【拡大】

  • <p>ヘディングで競り負ける本田圭佑と森重真人 = 埼玉スタジアム2002 (撮影・森本幸一)</p>

 残念というしかない試合だった。日本代表はUAEにやられるべくしてやられた。その原因は守備陣にある。

 これまでの試合でもそうだったが、特にセンターバックのDF吉田とDF森重(FC東京)のコンビは、どうにも心許ない。この日もFW本田のヘッドで先制しながら、吉田がファウルで相手を倒し、FKで同点に追いつかれた。ここから試合の流れがガラリと変わってしまった。

 後半に入っても、この日はMF柏木にかわって攻守の舵取り役であるボランチで代表デビューを飾ったMF大島が、ペナルティーエリア内でファウル。与えたPKで勝ち越しを許した。守備面では崩壊状態にあるといっていい。

 では、どう立て直せばいいのか。正直いって難しい。これまで主力として貢献していたDF長友(インテル)、DF槙野(浦和)が不在な上、現在の守備陣でかわりになる人材が見当たらない。非常事態だ。

 ただ、大島に関しては今後の試合で十分に戦力になる力があると感じた。技術的には申し分ないだけに、この日ももっとうまくプレーできたはずだ。周囲のベテランが彼の良さを引き出す努力が必要だったと思う。

 チーム全体で大島のアシストをすることで、彼が守備面でもっと機能するはずだ。

 ■水沼貴史(みずぬま・たかし) サッカー解説者。1960年5月28日、埼玉県生まれ。FWとして日産の黄金時代を築く。日本代表として32試合に出場、7得点。95年横浜マリノスの前期優勝後に現役引退。2006年には横浜Fマリノスのコーチ、同監督も務めた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。