ハリル監督「もう少しフレッシュさ、スピードがあれば勝てた」 日本、2勝1敗1分の勝ち点7に

2016.10.11

試合後、原口元気を慰めるハリルホジッチ監督=ドックランズスタジアム(撮影・中井誠)
試合後、原口元気を慰めるハリルホジッチ監督=ドックランズスタジアム(撮影・中井誠)【拡大】

  • <p>後半、酒井高徳が倒され、怒鳴るハリルホジッチ監督=ドックランズスタジアム(撮影・中井誠)</p>
  • <p>後半、PKで同点に追いつかれ、不機嫌なハリルホジッチ監督=ドックランズスタジアム(撮影・中井誠)</p>
  • <p>サッカーW杯最終予選でオーストラリアと引き分け、肩を落とす香川(中央)ら日本イレブン=11日、メルボルン(共同)</p>
  • <p>後半、シュートを放つ槙野=メルボルン(共同)</p>
  • <p>後半、クロスに飛び込む浅野=メルボルン(共同)</p>
  • <p>後半、相手選手と競り合い倒れる長谷部=メルボルン(共同)</p>
  • <p>前半、パスを出す香川真司=ドックランズスタジアム(撮影・中井誠)</p>
  • <p>前半、突破をはかる香川真司=ドックランズスタジアム(撮影・中井誠)</p>
  • <p>前半、クリアする吉田(右上)=メルボルン(共同)</p>
  • <p>前半、攻め込む山口(右)=メルボルン(共同)</p>
  • <p>前半、競り合う森重(左)=メルボルン(共同)</p>

 サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4戦は11日、各地で行われ、B組の日本はメルボルンでオーストラリアと1−1で引き分け、通算2勝1分け1敗の勝ち点7とした。

 序盤に幸先よく先制した日本は、リードを守れず引き分けた。前半5分、中盤でのボール奪取から速攻を仕掛け、本田のパスで抜け出した原口が左足で先制。その後はオーストラリアにボールを保持されながら必死にしのいだが、後半立ち上がりに原口が与えたPKを決められた。終盤は小林の決定的なヘディングシュートがGKの好守に阻まれた。(共同)(時間は非公式)

 ■ハリルホジッチ日本代表監督の話 「勝ち点1というより、勝ち点2を失った感じ。選手は素晴らしい試合をした。(相手を)戦術でしっかり管理した。もう少しフレッシュさ、スピードがあれば勝てた」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。