ハリル監督、本田1トップ起用で自縄自縛

2016.10.13

前半、原口元気のゴールをアシストする本田圭佑
前半、原口元気のゴールをアシストする本田圭佑【拡大】

 こんなに余裕のない、ドタバタした日本代表戦を久々に見た。はっきり言って90分間守ることで精いっぱい。負けたらどうしよう−という腰の引けたサッカーだった。

 バヒド・ハリルホジッチ監督はFW本田圭佑(ACミラン)を「1トップ」に起用した。奇策? 大抜擢? とんでもない。“苦肉の策”という言葉が一番あてはまる。

 オーストラリア代表の平均身長は180センチを超える。日本代表より約10センチ高い。加えて体力的にも強い相手だ。

 高さと強さでかなわない相手には、ドリブルにたけたスピードのある選手で“崩し”にいくのがサッカーの定石だ。

 本田を1トップに使うくらいなら、ドリブラーのFW斎藤(横浜)を左サイドで起用する。FW原口(ヘルタ)とポジションがかぶるが、この方が余裕のある戦いができた。

 なぜハリルホジッチ監督は若手の起用にためらうのか。若手に対し信頼がないことと、Jリーグに対する不信感が要因だろう。斎藤は今季8ゴールを決めて結果を出している。にもかかわらず、この試合で攻撃的な布陣の交代で入ったのは海外組のMF清武(セビリア)とFW浅野(シュツットガルト)だった。

 勝てなかったことで、今後もいばらの道が続くと思う。そんなハリルホジッチ監督には、腹をくくらなければいけないことがある。

 本田、MF香川(ドルトムント)に代表引退を迫るくらいの荒療治に打って出たらどうか。所属チームで出場機会を失い、この日程度の出来の本田、香川なら、代役になれる選手はJリーグにもたくさんいる。 (元J1仙台監督・清水秀彦)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。