ハリル監督、焦りのGK合宿 代表チームで強化練習してどうすんの?

2016.10.20

前代未聞。GKのみの強化合宿が行われ、浦和・西川らが参加した
前代未聞。GKのみの強化合宿が行われ、浦和・西川らが参加した【拡大】

  • <p>バヒド・ハリルホジッチ監督</p>

 サッカー日本代表が17日から3日間、大阪で前代未聞の“GKのみの強化合宿”を敢行。それ自体は悪いことではないが、ここにもバヒド・ハリルホジッチ監督(64)の焦りがうかがえてしまう。

 というのは、代表チームは選手を強化する場所ではない。試合に勝つために良い選手をセレクションする場所なのだ。そこをはき違えている。

 ハリル監督は「身長が190センチないと良いGKとはいえない」と言ったそうだ。確かに日本代表の長年のアキレス腱は、GKとセンターバックに高さが足りないこと。しかし、これまでの代表はそのウイークポイントをチーム力で補ってきた。

 今回のGK合宿には、196センチのシュミット・ダニエル(J2松本)が初招集された。彼は2014年にJ1仙台に入団した選手で、何回かみたことはある。確かに高さはあるが、彼をいきなり11月のW杯アジア最終予選に招集したり、起用することは常識ではありえない。

 ハリル監督が今やっているGK合宿を若い世代だけでやるなら大賛成だが、それをやるべきは今ではない。あえてA代表で強行したことは、指揮官の焦り、いらだちにしか見えてこない。

 ロシアW杯本戦へ向けてGK育成を考えているのだったら、それはちょっと違う。最終予選・サウジアラビア戦(11月15日、埼スタ)は同組首位の相手をホームに迎える。この試合こそ本当に落とせない。今さら強化に没頭している場合ではない。来月のメンバー発表で、ハリル監督が「本当はGKだけではなく、メンバー全員を集めて強化合宿を行いたかったんだ」と“言い訳”に走らないことを心の底から願っている。 (元J1仙台監督・清水秀彦)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。