ハリルJ、“ザル守備”に光明? 1年9カ月ぶりに内田篤人が復帰

2016.12.12

1年9カ月ぶりの復帰戦で南野(左)と競り合う内田 (共同)
1年9カ月ぶりの復帰戦で南野(左)と競り合う内田 (共同)【拡大】

 “ザル”の守備陣に光明が差した。シャルケ(ドイツ)の元日本代表DF内田篤人(28)が1年9カ月ぶりに復帰を果たしたことは、苦戦続きのハリル・ジャパンにとっても朗報だ。

 8日に行われた欧州リーグ1次リーグ最終戦。敵地でのザルツブルク(オーストリア)戦で内田は後半38分、右膝に大きな黒いサポーターを付けて登場。短い出場時間だったが、ザルツブルクの南野のシュートをブロックする場面もあった。

 長年日本代表の右サイドバックとして活躍し、2014年W杯ブラジル大会にも出場。機を見た攻撃参加、正確なクロスが持ち味でチーム内では人望も厚かった。

 日本の“海外組”の中でフランクフルトの長谷部誠(32)とともにまとめ役を担い、度々食事会を開催。長谷部の次の日本代表主将とも目されていた。

 しかし右膝を痛め昨年3月を最後に試合出場なし。同6月に手術に踏み切ったが、結局昨季は1度もプレーできずじまい。そんな中、関係者によると、現在日本代表メンバーからは外れているものの、Jリーグで鹿島を主将として今季年間王者の座に導いたベテラン小笠原満男(37)から「俺は代表に戻るつもり。お前も諦めるな」と励まされていたという。

 「シャルケの医師に『復帰できると思っていなかった』といわれた。そういうけがと手術だった」だけに、完全復帰までは「時間がかかるのではないかと思う。『明日から100%』という感じではない。1年9カ月もプレーしていないサッカー選手は、本当に引退がかかっていると思うから」と慎重を期す。

 次の目標は「ホームでプレーすること」と控えめだが、本人以上に“その先”を期待している人間はたくさんいる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。