2030年W杯は日中韓共催!? 日本サッカー協会がひた隠す“仰天シナリオ” (1/3ページ)

2017.01.14

収容人数6万8000人に縮小された新国立競技場(模型)。W杯開催には、8万人への増席が必要になる
収容人数6万8000人に縮小された新国立競技場(模型)。W杯開催には、8万人への増席が必要になる【拡大】

  • <p>W杯招致に意欲満々の日本協会・田嶋会長(左)。右は同・岡田副会長</p>
  • <p>前回の2014年ブラジル大会ではドイツが優勝した</p>

 国際サッカー連盟(FIFA)がワールドカップ(W杯)の出場チーム数を9年後の2026年大会(開催地未定)から、現行の32から48に大幅拡大することを決めた。衝撃を受けているのが、単独招致を目指している日本サッカー協会だ。出場チーム&試合数増に対応するには、規定を満たすスタジアムの数が足りず、決勝戦開催の条件である8万人収容の競技場は現状では皆無。そんな中、協会がひそかに温める仰天シナリオがある。02年の日韓共催大会をも超える、“2030年 日・中・韓トリプル共催”だ。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

 世界中があっと驚くプランが動き出す。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(59)は12日、W杯の出場チーム数が2026年大会から16増の48となることについて、「(日本での)単独開催は可能。素晴らしいスタジアムもある」と胸を張った。しかし、これはあくまでも表向きとみた方がいい。

 実際、W杯単独開催は日本協会の悲願。02年大会招致を優位に進めながら、“第4コーナー”で韓国の猛追にあい、最終的にFIFAが提案した日韓共催を受け入れた苦い過去がある。

 しかし、開催に向けた競技場の条件は02年大会当時に比べて格段にハードルが高くなっている現実がある。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。