「DAZN」配信不具合に不安募る関係者 CEOは謝罪「ネット配信用に変換する過程の不具合」

2017.03.04

謝罪するDAZNのジェームズ・ラシュトンCEO(左)
謝罪するDAZNのジェームズ・ラシュトンCEO(左)【拡大】

 今季からJリーグの全試合をネットで有料配信する「DAZN(ダ・ゾーン)」のシステム上の不具合で、一部利用者が先週の開幕戦をネット観戦できなかった問題。運営会社「パフォーム・インベストメント・ジャパン」が2日に都内で記者会見を開いた。

 ジェームズ・ラシュトン最高経営責任者(CEO=38)は「申し訳ない。映像をネット配信用に変換する過程の不具合が原因だった。問題は完全に解決している」と謝罪し、今週末の配信についての対策は万全であることを強調した。

 Jリーグの村井チェアマンも「申し訳ない。トラブルから始まったが、パートナーとして結束していく」。しかし、公共性の高いプロスポーツ中継を本格的にネットに頼るのは初めてだけに、今後も不測の事態が発生する可能性はある。関係者の不安は募るばかりだ。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。