大甘裁定!浦和・森脇“暴言騒動”謝罪会見のウラ 「くさい」発言認めるも「誰に」は未解決で再発必至 (1/3ページ)

2017.05.11

森脇は神妙な面持ちで謝罪会見
森脇は神妙な面持ちで謝罪会見【拡大】

  • <p>4日の試合で激しくやり合った森脇(右から2人目)と小笠原(背番号40)</p>

 こんな玉虫色の決着では、再発必至ではないか。Jリーグは9日、規律委員会を開きJ1第10節(4日・浦和−鹿島戦)で“暴言騒動”を起こした浦和DF森脇良太(31)に2試合の出場停止処分を科すと発表した。しかし森脇から差別的な言葉を投げかけられたともいわれる鹿島MFレオ・シルバ(31)には事情すら聞いていない。結局「くさい」という言葉を吐いたことは認定したものの、「誰に対して言ったかは確認できなかった」という大甘裁定だった。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

 Jリーグが森脇の2試合出場停止処分を発表すると、浦和は即座にクラブのホームページに森脇自身と淵田敬三社長の謝罪コメントを掲載。

 その2時間後、森脇は緊急記者会見に臨んだ。黒のスーツ、濃紺のネクタイ姿で報道陣の前に立ち、20分以上に及んだ会見中、何度も謝罪の言葉を口にした。

 一方で「世間では“差別の森脇”と理解されているが、そのような発言はなかった。嘘をついて生きてきた人生ではない。それだけは理解していただければ、ありがたい」と訴えた。

 「規律委員会の方たちは、どちらかというと僕の話を聞く立場でいてくれた」と感謝する場面もあった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。