本田のアメリカほぼ消えた… 「欧州行け」ハリル監督が介入、GK川島にも残留勧告 (1/2ページ)

2017.05.18

本田が米移籍を断った裏にはハリルホジッチ監督の助言があった
本田が米移籍を断った裏にはハリルホジッチ監督の助言があった【拡大】

  • <p>ハリルホジッチ監督</p>

 キーマンはハリルだ。サッカー日本代表FW本田圭佑(30)=ACミラン=の来季移籍先は一転、欧州リーグが有力となっている。

 これまでは「米メジャーリーグサッカー(MLS)移籍で決まり」とイタリア国内でも有力視されていた。実際、昨季同リーグ優勝のシアトル・サウンダーズFCが、年俸100万ドル(約1億1300万円)〜150万ドル(約1億7000万円)の2年契約を提示。しかし本田側が「NO」を突きつけ、シーズンが3月から10月までのMLS移籍はほぼ消えた。

 確実視されたMLS移籍が消えたのは、日本代表バヒト・ハリルホジッチ監督(65)のひと声が要因といわれる。

 そのハリル監督は「本田の状況はまだ何も変わっていない」といいながら、「常に連絡はとっている。しっかり練習も積んでくれている。試合に出ていないということは、疲れていないということだ」とニンマリ。6月の代表戦(7日・キリンチャレンジ杯、13日・W杯アジア最終予選)でも招集は決定的だ。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。