【オヤジのためのサッカー塾】岡崎慎司のボレーシュート ボールの落下点を見極め、スイートポイントで蹴る (1/2ページ)

2017.06.04

岡崎慎司のボレーシュート(ゲッティ=共同)
岡崎慎司のボレーシュート(ゲッティ=共同)【拡大】

  • <p>(1)ボールの落下点を見極める</p>
  • <p>(2)「足」のスイートポイントにボールを当てる</p>
  • <p>(3)軸足(私の場合は左足)でジャンプするイメージでフォロースルーを決める</p>

 キリンチャレンジ杯・シリア戦(7日=味スタ)、W杯アジア最終予選・イラク戦(13日=テヘラン)に向けて、千葉県内で海外組の代表合宿に参加しているFW、岡崎慎司(31)=レスター。プレミアリーグ第37節(5月13日、マンチェスター・シティ戦)で決めたボレーシュートは見事な切れ味だった。気迫が持ち味のFWがみせた高い技術に迫る。

 ストライカーにとって空中に浮いているボールをゴール内にたたき込むのは、ことさら気持ちがいいものです。

 岡崎は、自ら「鈍足」と話していて、代名詞といえばダイビングヘッドですが、どうしてどうして、ボレーシュートのテクニックも素晴らしい。これも美しいボレーでした。2011年にドイツに渡り、15年にイングランドプレミアリーグで優勝。本当にシュートもうまくなりました。

 このボレーは、岡崎は利き足とは逆の左足で決めています。私は右足で蹴って実演している点はご容赦ください。蹴り方のポイントは、〔1〕ボールの落下点を見極める〔2〕「足」のスイートポイントにボールを当てる〔3〕軸足(私の場合は左足)でジャンプするイメージでフォロースルーを決めることです。

 特に大事なのは、動いているボールをいかに、足の“スイートポイント”に当てるかです。そのために、ボールの落下点を見極める必要があります。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。