【谷将貴のゴルフナビ】FWはアイアンと同じようにダウンブローで打つ

2010.06.09


アマチュアはボールをすくおうとしすぎ【拡大】

 ロングホールで、第1打が会心のショットでフェアウエーへ。期待に胸を躍らせて、フェアウエーウッド(FW)で2オンを狙ったものの、トップしたり大ダフり…。こんな苦い経験、みなさんお持ちでしょう。FWでナイスショットすれば、スコアアップはもちろん、気分も爽快(そうかい)。今週は、FWの注意点についてお話しします。

 ティーショット後、FWでミスを犯しやすいのは「ボールをすくいたい」という心理が働いていることが原因に挙げられます。ドライバーはクラブの中でシャフトが1番長く、次に長いのがFW。シャフトが長ければ、写真〔1〕のようにボールを高く上げようという意識が働き、アッパーブローの軌道を描きやすくなります。

 また、第2打以降のショットではティーアップできません。地面の上にあるボールに対し、ドライバーのようにアッパーブローの軌道を描けば、クラブフェースとボールの当たる表面積は小さくなります。その結果、フェースの下部でボールをヒットしやすく、ボールの頭を打ちチョロ。また、ボールを上げようと右足に体重が残ると、ダフるというわけです。

 FWは、ドライバーと同じ感覚で打つとミスにつながります。ドライバーよりロフト角があり、「すくい打ち」しなくてもボールは上がります。FWはどちらかといえば、アイアンの機能に近いのです。同〔2〕のようにアイアン同様、ダウンブローで打ち込むような意識で振った方が、好結果につながります。

 アドレスではボールの位置に合わせて構え、そこが最下点となるようにヘッドを地面にピタッと接地させます。ダウンスイングからインパクトにかけて、アドレス時よりも左サイドへ体重と両手が移動する分、ボールより少し先(左足寄り)がスイング軌道の最下点になるはずです。したがってインパクトの瞬間では、最下点に到達する前のヘッドの下に空間ができ、ダウンブローで打つ(同〔3〕)のが正しい打ち方なのです。

 トーナメント中継などで注目してほしいのですが、片山晋呉プロのFWのショットです。ボールの先のターフを取っていることに気付くはずです。同〔4〕〜〔10〕のようにアドレスからフォローまで上体の前傾角度を保ち、しっかり左サイドへ体重が乗れば、自然とターフは取れ、力強いショットが生まれるのです。

 FWが苦手な人は、アイアンで素振りをしてから臨むと、アイアン感覚でスイングすることができて効果的です。レッスン書によっては「FWは払うように打て」というアドバイスを目にします。しかし、FWもダウンブローでインパクトできなければ、アイアンショット同様にボールにパワーが伝わらず、飛距離は伸びません。

 なかなか、アイアン感覚で振ることができなければ、3Wではなく、まずは5Wや7Wといったショートウッドをグリップを短く握って振ることで慣れていきましょう。実践ではFWのボール位置は左足かかとの延長線上から右足寄りへボール1個分入ったところが目安です。それを練習では、アイアンと同じ左足かかとの延長線上よりボール2個分右足寄りへセットし、ダウンブローで打ち込む感覚を養いましょう。

【協力】SPH KEIYO GOLF ACADEMY(千葉・京葉カントリー倶楽部内)

【ホームページ】http://www.s−pacific−heaven.com/

■谷 将貴(たに・まさき) 1972年11月17日、東京都生まれ、37歳。11歳からゴルフを始め、千葉・東京学館浦安高、法大ではゴルフ部で活躍。大学2年のときに最先端のスイング理論を学ぶため渡米。2003年からツアープロコーチとして活動し、片山晋呉を賞金王に導く。のべ2万7000人のアマチュアをレッスンしている。「スポーツパシフィックヘブン」代表。

 

注目情報(PR)