MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

社会ホーム > 社会 > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • ブックマークに追加する

全裸で1時間40分…外国人観光客、皇居の堀で泳ぐ

 7日午前11時20分ごろ、東京都千代田区皇居外苑の堀に外国人男性が飛び込んだ。約1時間40分後、堀の石垣から上がった自称・スペイン人男性(40)を丸の内署員らが確保した。

 調べによると、男性が飛び込む直前、40−50代の男女計6人のスペイン人グループが近くの「和田倉門外交番」を訪れ、英語などで「バッグを堀に落とした。拾う道具を貸してほしい」と相談。その間に、うち1人の男性が交番裏から堀に飛び込んだ。

 男性は1回、近くのパレスホテル前に上がったが、再び飛び込むなどし、ボートで救助に向かった同署員らに泥を投げ付けるなどしながら泳いでいた。グループは1日から17日の予定で、観光に来ていたという。

(写真いずれも、クリックで拡大)

皇居の堀で泳ぎ、歩道に上がった男=7日午後、東京都千代田区(クリックで拡大)
皇居の堀で泳ぐ男=7日午後0時45分、東京都千代田区(クリックで拡大)
皇居側の石垣に登る男性(クリックで拡大)
皇居の堀で泳ぎ、歩道に上がった男=7日午後、東京都千代田区(クリックで拡大)
皇居の堀で泳ぎ、歩道に上がった男=7日午後、東京都千代田区(クリックで拡大)
皇居の堀で泳ぎ、歩道に上がった男=7日午後、東京都千代田区(クリックで拡大)
皇居の堀で泳ぎ、歩道に上がった男=7日午後、東京都千代田区(クリックで拡大)

ZAKZAK 2008/10/07

社会ニュース

もっと見る