MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

社会ホーム > 社会 > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

神奈川県警「騙されたふり作戦」で振り込め詐欺に対抗

 いまだに被害が後を絶たない振り込め詐欺。被害件数が全国ワースト2位の神奈川県では、詐欺犯を一網打尽をしようと、“新作戦”導入を決定した。

 神奈川県警が19日、振り込め詐欺対策として、発表したのは、その名も「騙されたふり作戦」。県警職員や、その家族らが“おとり”となり、電話をかけてきた詐欺犯にわざとだまされたふりをして犯人をおびき出す−という作戦で2月から実施する。

 同県警によると、最近の振り込め詐欺は、ATM(現金自動受払機)周辺の取り締まり強化の影響で、犯人側が直接現金を受け取りに来たり、現金を郵送させる手口が急増しているという。

 今回の作戦は、こうした手口への対抗手段で、おとりとなる家族らが、犯人を電話で誘導。現金の受け渡し場所や郵送先に捜査員が急行し、一網打尽にする。犯人の電話番号や振込先口座などを聞き出し、口座を凍結することも想定しているという。

 神奈川県内では昨年、振り込め詐欺の件数が1988件、被害額が約31億円と、ともに過去最悪となっており、同県警では職員約1万7000人や家族のほか、県警OB、防犯ボランティア団体などにも協力を呼びかける。

 県警幹部は「集中的な摘発で、犯行グループは通帳(口座)を調達しにくくなっている。口座間のやり取りでなく、直接接触してくるこの手口は、グループを一網打尽にするいいチャンス」とする一方、この作戦を広報することで「犯行をためらわせる抑止効果もある」と語る。

 同県警によると、郵送先の私書箱で待ち伏せしたり、転送先の北海道で逮捕した実績が昨年末から3件あるという。

ZAKZAK 2009/01/20

社会ニュース

もっと見る