MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

社会ホーム > 社会 > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

冬はオナラが出やすい?体調が崩れてきているサイン

知りたくもない!?カラダの不思議

 「冬になると、おなかがはりやすい」と訴える人はときどきいる。また、寒い季節に外を歩いていると、誰かのオナラの臭いがプ〜ンと漂ってくる、なんて経験、ないだろうか。

 冬になると、オナラが出やすくなるの? オナラと季節の関係は? 整腸剤「ガスピタン」でおなじみの小林製薬・お客様相談室に聞いてみた。

 「『冬場におなかがはる』という方は、確かにいらっしゃいます。おなかのはりは、季節によって、食べ物・食べ方などによって変わってくるもの。でも、『冬=オナラが増える、おなかがはる』というわけではなく、もともと秋冬などの季節に体調を崩しやすい方に見られる傾向なんですよ」

 冷え性などの体質で、寒い時期に体調を崩しやすい人の場合、体調そのものが悪くなって、それが弱い部分に出る。その「弱い部分」が、胃腸であるというパターンが多いのだそうだ。

 ちなみに、おなかのはりを解消する「ガスピタン」だが、これを飲むと、オナラはどこに行っちゃうの?

 「胃や腸に発生する泡(ガス)は、薬に含まれた成分によって、大きい泡は小さい泡に、小さい泡はほどよい大きさの泡に変えられます。同じくらいの大きさの泡になることで、オナラとして体外に排出しやすくなるんですよ」

 腸内環境が乱れているときは、大きい泡や小さい泡などバラバラで、オナラの道が整理されずに渋滞し、外に出て行きにくくなるよう。これが、おなかのはりにつながるわけだ。

 「おなかのはりを解消するには、たまってしまった泡を均一な、ほどよい大きさの泡に変えて出し、発生を抑えることが必要です。それには、腸内環境を整えることが重要なんですよ」

 冬におなかがはるという人は、体調が崩れてきているサイン。要注意!

ZAKZAK 2009/01/28

社会ニュース

もっと見る