MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

社会ホーム > 社会 > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

“派遣切り”トップは愛知…非正規の失職15万7千人

先月の調査より26%増

 製造業を中心とした企業の人員削減で、昨年10月から今年3月までに職を失ったり、失う見通しの非正規労働者は全国で15万7806人に達したことが27日、厚生労働省の調査で分かった。1月調査より26.4%増加した。

 正社員で職を失う人は9973人で52.8%増加した。

 世界的な景気後退や円高で企業業績の悪化が加速。雇用環境が一段と厳しくなっていることが裏付けられた。

 職を失う非正規労働者のうち、派遣社員が10万7375人で68.0%を占めた。契約社員は2万8877人、請負社員は1万2988人。

 「派遣切り」で派遣先の仕事を失った人のうち、新たな派遣先の確保などで雇用が継続された人は2099人で、動向が把握できた人のうち10.0%にとどまった。長期雇用が基本の常用型派遣でも雇用継続は13.1%だった。

 非正規労働者の失職が最も多い都道府県は、トヨタ自動車などがある愛知県で、2万3892人だった。

ZAKZAK 2009/02/27

非正規労働者

社会ニュース

もっと見る