MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

社会ホーム > 社会 > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

金正男が中国亡命? 側近を拘束、体制移行で“粛清”

金正男氏(クリックで拡大)

 北朝鮮の金正日総書記の後継に三男の金正雲(ジョンウン)氏(26)が有力との見方が強まるなか、長男の金正男(ジョンナム)氏(38)が滞在先の中国特別行政区マカオに留まり、中国に亡命する公算が大きくなっていることが5日までに分かった。すでに正男氏の周辺では“粛清”が始まっており、北の国内では正雲氏をトップとする新体制づくりが急ピッチで進んでいるようだ。

 韓国などの情報当局筋によると、北朝鮮の秘密警察、国家安全保衛部は4月3日夜、平壌市内で正男氏の複数の側近を拘束。マカオでこの情報を知った正男氏は側近らに何が起こっているか調査するように指示。7日にも別の側近が拘束されたことが分かり、体制移行に伴う粛清と判断し、マカオに留まる意向を固めたという。

 北の人権改善などに取り組む非政府組織(NGO)も、正男氏と家族のやり取りを入手。正男氏は4月4日に北京在住の第1夫人、崔恵里氏に「昨夜、同級生が連行された」と電話連絡し、7日には別の国の側近に電話で「最近、私の周辺の人間が国家安全保衛部に連行されるなど、尋常でない出来事が連続して起こっている。しばらく平壌には戻らない」と語ったという。

 別の関係筋によると、金総書記の義弟で実力者の張成沢国防委員(60)が3月初旬、正男、次男の正哲(ジョンチョル)(27)、正雲の3氏を面接調査したところ、正男、正哲両氏は後継を辞退。これを受け、朝鮮人民軍を中心に金正雲後継に向けた体制づくりがスタートし、正男氏の側近が拘束されたという。

 正男氏はこれまで張氏に近いと伝えられていたが、前出のNGO代表の李英和・関西大教授は「張氏も次期政権で生き残るために正雲氏を支持した。後見人としての主導権争いをしており、正男氏を守る余裕はない」と指摘している。

 中国は北朝鮮に対し(1)世襲反対(2)改革開放(3)核放棄−の3つを求め、正雲氏の後継を認めていないとされるが、韓国情報当局筋は今回の亡命情報について、「中国は北朝鮮の友好国なので、亡命するとしたら米国か韓国ではないか」と推測している。

ZAKZAK 2009/06/05

社会ニュース

もっと見る