MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

社会ホーム > 社会 > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

福井空港は「Fuck〜」最も下品? 関係者は不快感

「表現が気に障る可能性がある」

 全世界で格安航空券を発売するスカイスキャナー社(英国)は先ごろ、世界の空港名の中から、変わった名前の空港をリストアップ。“最も下品な名前”ランキングで「福井空港」が1位に選ばれた。英高級紙「インディペンデント」が報じた。あくまで英語の発音に基づく“空耳アワー”的ランキングに過ぎないが、選ばれた方は不快感ありあり。だが、日本でも口に出せない外国語の地名は数多い。

 同社は自社のデータベースに登録されている約1万の空港名から、「最も不気味」「最も下品」「最も恐ろしい」「空港コードがおもしろい」の4項目で、ベスト10を発表した。

 その中で「最も下品」とされたのが福井空港。英国滞在歴のある会社員(34)は「FUKUIの発音が『Fuck it!(関係ねぇ)』とそっくりだからではないか」と指摘するが、同社の発表では明確な説明は一切なく、「表現が気に障る可能性がある」と注釈があるのみ。これに対し、福井県港湾空港課の夏梅親夫課長は「インターネットで知りましたけど、あくまで英語の発音でしょ。コメントのしようがありません」と不快感をあらわにする。

 前出の会社員によると、これ以外にも日本には英語で口にしづらい地名があるという。

 「『Kinki(近畿)』が異常な性癖を持つ人の俗称であることは有名で、『Kinki University(近畿大学)』のロゴ入りTシャツが笑いの種になったことがある。ほかにも『Kill you(桐生=殺すぞ)』や福岡空港のコード『FUK』が有名。松下や竹下には『Shit(シット=大便の隠語)』が含まれています」

 英語以外でも、石川県の「加賀(カガ)」はスペイン語で「大便」、兵庫県の宝殿(ホウデン)はドイツ語で「睾丸」、千葉(チバ)は中国語で「陰茎」、熊本(クマモト)はスワヒリ語で「熱い女性器」を意味するという。

 ちなみに、日本語からみた珍地名ではヤキマンコ(ロシア)、マンポ(北朝鮮)、チンコ川(中央アフリカ)、チンポー湖(中国)、キンタマーニ(インドネシア)、エロマンガ島、オナラ湾(バヌアツ)、ハゲ(韓国)、パンティ(マレーシア)、オナラスカ(米国)などが有名。空港名ではマンコカパック空港(ペルー)が「表現が気に障る可能性がある」。

ZAKZAK 2009/07/04