社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡・土曜法廷
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10


コンクリ殺人の前科を自慢した鬼畜

再び監禁事件、次は何をしでかす!?

 「何も言うことはありません」−。身長180センチ以上、顔はバイキンマンに似た悪人面で、年がいもなくヤンキー少年のように眉を半分剃り上げている男は、裁判長に淡々と答える。

 男は神作譲被告(33)。昭和63年、女子高生を仲間4人と共謀してさらい、41日間も仲間宅に監禁。散々リンチして殺害。遺体をドラム缶に入れ、コンクリート詰めにして捨てた。鬼畜の所業で刑務所に送られたが、出所して懲りずに再び“白洲”に姿をみせた。

 不良少年時代のコンクリ殺人で「少年B」として逮捕・起訴された神作は平成11年8月に出所。コンピューター関係の仕事に就き更正したかに見えた。だが、すぐに退職し、殺人の舞台となった東京都足立区や埼玉県三郷市に舞い戻る。14年ごろから暴力団に出入し、ゴロツキとして落ちぶれていた。

 「深夜2時ごろ、家の前に車が止まっていた。あいさつするといきなり『テメエ、この野郎』と殴りかかってきた」。復讐(ふくしゅう)を恐れ、法廷に用意された異例の衝立の中で証言するのは被害者、円山勝男(27)=仮名、以下同=の同居人、大木勇三。今年5月19日、かねてから円山に「女を取った」と濡れ衣を着せていた神作は、計画的に円山を襲撃したのだ。

 「右手をグーにして5、6発殴り、路上に血が落ちた。車のトランクを開け、金属バットを円山君の顔の高さぐらいまで上げて『これで殴って殺すぞ』と脅した。それで円山君はトランクに入り、連れ去られた」(同)。

 翌朝6時、大木の携帯に「迎えに来い」と神作から電話がかかる。神作は三郷市内にある母が経営するスナック内で朝まで円山を監禁し、リンチをしていたのだ。

 その後、神作は「今回はこんなもんで済んだが、これからもっとエスカレートしていく」と2人に捨てゼリフを吐いて解放する。「今度は殺されると思い、2人で警察に届けを出した」(大木)。神作は逮捕監禁致傷容疑で再び警察の厄介になったのだ。

 「殺される」と2人が思ったのはワケがある。神作はコンクリ殺人の前科を「実はオレが主犯だった」などと、あたかも輝かしい経歴として笑いながら自慢。そして「平然と『捕まっても警察をだますのは簡単だ』『簡単に刑務所から出れる。精神鑑定にひっかかるフリをすればいい』といっていた」(同)。

 神作が豪語した巧みな法廷戦術。早くも公判で「人を殺したとは言っていない」と検察側の調べを一部否定してみせた。また、法廷に入る都度、裁判長と弁護士にキチンと頭を下げ「いい子ちゃん」ぶりをみせる。

 「証人は行方不明です」−。心苦しそうに語るのは検察官。神作を追い詰めようと検察側が法廷で証言させる予定だった被害者、円山は「(復讐を)怖がっていた。ノイローゼ気味になり、8月なかばにいなくなった」(大木)。

 被害者の蒸発という異例の展開。希代の犯罪者は、また何をしでかすかわからない。

(呼称略)