社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
アニメ☆声優
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 追跡 >>


プラチナチケットの現場から

1.富士総合火力演習

2.リニアモーターカー

3.NHK紅白歌合戦

4.黒人グルーピー


1.富士総合火力演習


【自衛隊の最高峰イベントだが…】

年に1度の大一番、「富士総合火力演習」でエンストし、牽引車(前)に引かれる装甲車
年に1度の大一番、「富士総合火力演習」でエンストし、牽引車(前)に引かれる装甲車
 35トン、3億2000万円相当の実弾をわずか1時間半で費消する自衛隊の最高峰ともいえるイベントが、毎年8月下旬に東富士演習場(静岡県御殿場市)で行われる陸上自衛隊「富士総合火力演習」だ。

 陸自幕僚監部によると、はがき、インターネットによる応募で今年の平均倍率は約18倍。最高倍率は駐車券と入場券のセットで41.1倍と、まさにプラチナチケット!

 本来非売品のはずだが、ネットオークションでは関係者席4枚と駐車券が4万7500円で落札されたのを筆頭に、駐車券付きはどれも万単位。ただ、意外にも入場券のみは2000円前後と、かなりお手ごろな値段設定となっていた。

 そのワケは午前10時20分という開始時間。「例年、場所取りがスゴい。遅くとも午前7時台には会場入りしないとよく見える場所が確保できない」という前年参加者の証言を聞き、時刻表を開く。

 演習場からタクシーで20分ほどの最寄り駅となるJR御殿場駅へ7時前後に到着するとしても、午前4時35分品川駅始発の下り電車に乗車が必須だ。当然、在来線の接続はなく、駐車券のない入場者は「御殿場周辺に前泊か、マンガ喫茶で徹夜でしょう。最前列をねらうマニアは演習場近くでキャンプするらしい。数多く自衛隊イベントに行ったが、これだけは2度と行きたくない」(中国地方に住む軍事マニア)。

 前泊しようにも御殿場や沼津といった周辺都市は直前だったので全滅。駐車券をゲットできなかった取材班は、泣く泣く御殿場から電車で40分もかかる同県三島市のホテルに宿泊した。

 8月27日午前6時50分、4時に起きて演習場にたどり着いたものの、朝靄の向こうに見えるスタンド席は、もう満席。地べたの前方席はまだ何とか余裕があり、最前列から4番目の席を確保できた。

 尻の痛みに耐えながら3時間待ってようやく演習が開始。「ズドーン」という全身に衝撃波がくる戦車砲はじめ、機関砲、迫撃砲、対戦車砲−と各部隊は弾丸の雨を降らせ、会場に集まった2万5600人の観客を魅了した。

 一方で曇りなのに「天候不良のため、F−2(支援戦闘機)の爆撃は中止です」などと、次々と演目中止の会場アナウンス…。また、演習開始前には装甲車がエンスト。牽引(けんいん)車に引かれて退場するなど、会場からは「いざというときに、本当に陸自は対応できるのか」(20代会社員)との声も。

 さらに演習終了後、帰路となる通路は2本しかなく、観客が殺到。結局、会場から各駐車場や駅に向かうバス乗り場まで2時間、バスに乗るまで1時間待ち。地元運転手は「毎年、同じことをやってるのに、どうしてああなっちゃうんだろうねぇ」。ヘビーな軍事マニアが「2度と行きたくない」と音を上げるのも納得のプラチナチケットだった。


 だれもが一度は手に入れたい、プラチナチケットの世界に足を踏み入れてみた。



ZAKZAKトップへ