社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
アニメ☆声優
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 追跡 >>


改札革命

1.PASMOの魅力

2.PASMO乗りこなすコツ


1.PASMOの魅力


【精算ナシで乗降ラクラク】

改札革命をもたらしたパスモで夕刊フジも買える
改札革命をもたらしたパスモで夕刊フジも買える
 首都圏の私鉄、地下鉄、JR、そして、バスの乗り降りを革命的にフリーにした「PASMO(パスモ)」。これ1枚で煩わしい精算もなく乗り換えもラクラク。さらに、駅売店で夕刊フジを買うのもキャッシュレス。多忙なビジネスマンの強い味方となりそうなパスモの魅力と使い方のコツに迫ってみた。

 JR東日本の「Suica(スイカ)」が登場したのは6年前。改札で軽くかざすだけで乗り降りでき、通勤ラッシュの緩和に力を発揮した。そこまでのカードならそれまでもあったが、スイカの真骨頂は何よりチャージ機能だ。これで乗り越しなどの精算で窓口に並ぶ手間が省け、しかも、駅売店で買い物の清算もでき、大好評を得た。

 ただ1つ難を言えば、私鉄、地下鉄などで使えないことだった。そんな不満を一気に解消してくれたのが、京王や小田急、東京メトロ、都営地下鉄など、首都圏鉄道26社がネットワークを結んで18日からスタートしたパスモだ。

 「パスモでJR各線に乗り継ぎができますし、逆にスイカでも、私鉄・地下鉄に乗り換えられるようになります」とは、パスモ協議会広報幹事担当、東武鉄道株式会社の新家章男氏。

 パスモのチャージは、私鉄、地下鉄のみならず、JR各駅の券売機でもOK。スイカにしても同然だ。

 例えば、新宿駅で京王線からJRに乗り換える連絡改札機では、従来なら、まず京王線の磁気定期券を入れ、さらにスイカをかざしてから入場する必要があった。そんな煩わしさから一気に解放されるというわけだ。もちろん、チャージしておけば、定期券圏外の乗り降りもスムーズになる。

 その便利さはバスでも適用される。首都圏のバス事業者75社もパスモに加盟し、パスモ、スイカの双方が使える。18日時点で、31事業者で利用が可能で、間に合わなかった事業者も、順次対応していく予定だ。

 スイカ同様、駅構内の売店や駅ビル内のショップでも利用できる。

 「120円の夕刊紙を買おうとして、小銭が10円足りないなんてよくあるじゃないですか。そこで札で支払うと小銭入れがパンパンになるし、買わなければ車内で手持ち無沙汰(ぶさた)になるし…。そんなときに便利なんですよ」とは、都営三田線の利用男性(53)。

 会計にてこずる客も減り、レジに並ぶ時間も短縮されるという副産物もここにはある。

 パスモが使えるのは18日時点で、すでに私鉄・地下鉄沿線の加盟店舗約700店と自販機600台、また、既存のスイカ加盟店でも利用でき、来年までに計2万店舗で使える見通しだ。

 もちろん、紛失した際の防犯対策にも万全を期している。

 「最寄りの窓口に申し出ていただければ、チャージ分を使えないよう停止し、再発行いたします。JR、私鉄、地下鉄のどの窓口でも対応しますよ」(同)

 再発行には新たにデポジット(預かり金)が500円かかるが、申し出た時点でカードに残っていた金額は戻ってくる。

 「磁気定期券のときは、なくすと出てくることはめったになく、再購入しなければならなかった。それを考えると、優れものですね」とは、スイカの利用者(42)。

 まさにパスモの恩恵は有り難いばかりだが、その一方で、現時点で幾つかの不備も指摘されている。次回は、パスモ利用のコツと注意点に触れたい。



ZAKZAKトップへ