松本剛明氏と同じ思いの民主党議員は多い

2015.10.30

 火曜日、ニュースでも大きく報じられましたが、迷走に迷走を続ける民主党から離党者が出ました。

 松本剛明氏。もともと、外務大臣も務めた、民主党の中でも温厚ながら堅実に実務をこなせる、優秀な政治家です。私が担当していた朝の番組にも2度ほど出演していただいた覚えがあります。議員会館や院内でも数度ほど取材させていただきました。

 その松本剛明氏が離党届を出しました。

 すでに報じられている通りで、現在の執行部のやり方があまりにも度を越しているために、もはやついていけなくなったのでしょう。今後は一度無所属に立ち戻って、その後を検討したいと言います。

 私は、この思いは、あまりにも多くの民主党所属国会議員たちが共有しているものと思います。特に、安保法案関連の時の岡田さんと枝野さんの動きや主張には、あまりに残念なものが目立ちすぎました。

 彼らは一度は国政を担った議員たちです。

 国をどう守るのか……国防については「現実と向き合わなければ」いけない時が存在します。国民がサヨクメディアに先導されようとも、それで一時支持率を失いそうになったとしても、現実問題として、南シナ海ではすでに中国が人工島を作り、誰の許可も得ずにその島を「自分たちの領土だ」と主張し始めています。しかも、その島は完全に軍事拠点となるように設計され始めています。ついに、アメリカでさえ、けん制を始めたくらいです。

 特に松本氏は外務大臣を務めた人物です。

 日本の中の世論と、世界に出てしまえば全く通用しない日本の常識をかみしめていたことでしょう。自民党が強い、それが悔しいことは分かります。自民党の評判を落としたい、それも、心情的には理解できます。

 しかし、それは、岡田執行部が共産党と一緒になって「ただの文句を言ってるだけの政党」になり下がったから国民が注目してくれないだけであって、本来は、「日本をこういう国にしたい!」という強い意思表示のもと、国民がついて来てくれるかどうかは、国民に任せるもののはずなのです。『相手の評判を落とす』という政治手法をすべて否定するつもりはありませんが、今の民主党執行部のままでは、私は……来年の参院選は惨敗するのではないか?と危惧しています。きっと、多くの民主党議員も同じ思いでしょう。

 年末まであと2ヵ月です。松本氏に同調する動きがまた起きるのでしょうか。注目のニュースでありました。

 長谷川豊(Hasegawa Yutaka)

教えて!ウォッチ

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。