【長谷川豊】日本人は「おもてなし」の心はほとんど持っていない民族

2015.11.04


【拡大】

 あぁ……やはりデータには表れているのだなぁ……と感じた記事がこちら。

 ●世界で最も他人に冷たい先進国、日本

 (http://bit.ly/1HmVoHJ)

 言論サイトのブロゴスに載っていた記事ですが、イギリスのチャリティー団体が毎年調べているデータだそうです。

 世界中の人々が、どれだけ他人に対して優しくしているか……簡単に言うと、その数値をデータ化したものです。詳しくはこのコラムを読んでいただければわかるのですが、この数値は、私が海外で経験してきた実感と、ほぼ重なります。そう。日本人って……

 他人にめちゃくちゃに冷たい民族ですよね。

 データ上の数字では、先進諸国ではダントツの最低。

 人助け指数では、世界で134位。

 ボランティア指数では39位。

 寄付指数では62位。

 ボランティア指数だけが突出して高くなっているのは、学校授業で「やらされている」のか、会社の業務で「やらされている」のか……。内申点を稼ごうとしているので「やっているだけ」というのが見て取れます。そもそも内申点に影響しない人助け指数で134位の日本が「ボランティア」だけ39位ってのもおかしな話でね。

 私がニューヨークに家族とともに住んだのが2年半でした。

 その期間、どれだけ多くのアメリカ人に温かい声をかけてもらったことでしょうか。もちろん日本と同様に、残念で、悲しい対応をしてくるアメリカ人も何人もいました。それは事実です。

 特に中南部……テキサスやオクラホマに取材に行ったときは、信じられないような差別的な言葉を投げかけられたこともありました。

 でも、それを何倍も上回る温かい言葉を、時には街中で、時には電車のホームで、何度も何度もかけてもらいました。

 ある時、僕はゴルフにはまり、ガソリンを入れ忘れたままでゴルフを楽しんだ帰りでした。なんとか踏ん張って省エネ運転をしていたのですが、ガソリンスタンドの手前のあたりで、ついにガス欠になってしまいました。

 ガソリンスタンドまでは500メートルはあります。なんてこった。私は途方に暮れるはずでした。そう。日本なら。しかし、あっという間に、周囲にいたアメリカ人が……特に軍隊経験者でしょうか? 腕相撲をしたら2秒で負けそうな屈強な男性が、2人駆けつけてくれました。

 「おい、ニュートラルに入れな」

 周りから、次々と男性陣が集まってきます。ある人は作業着。ある人はスーツです。

 戸惑う私。こんな経験、日本では絶対にありえません。私は座ったままで、ガソリンスタンドにたどり着けました。そして……

 その男たちは、一言のお礼も言えないまま、涼しい顔で、去っていきました。大きな声でお礼を言いましたが、まるで「日常で当たり前の行為なので礼はいらない」と言わんばかりの態度でした。

 日本は2020年に「おもてなし」するそうです。

 いや、はっきり言いますが、絶対今のままでは無理でしょう。日本人は他人に対して冷たすぎます。自分だけを大事にしすぎます。おもてなしの心は、世界でダントツで持っていないのが日本人の現状です。

 実は、私は日本の経済の低迷や少子化など、多くの問題点は、この日本人の「自分だけがハッピーであればいい」「他人が困ってても知らねーよ」的な価値観が根底にあると思っているのですが、その話はまたの機会にしましょう。

 長谷川豊(Hasegawa Yutaka)

教えて!ウォッチ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。