コップのフチ子広報は異色!コップのシキ子NO SHIKICO、NO LIFEインタビュー

2016.06.02


【拡大】

 今やすっかりお馴染みになった「コップのフチ子」。キャッチフレーズである「コップのフチに舞い降りた天使」の通り、制服姿のOL「フチ子」が「コップ」の「フチ」に座ったりぶら下がったりするフィギュアシリーズだ。2013年6月に発売されると瞬く間に人気となり、2015年時点で800万個以上を売り上げた。

 ところで、2016年4月に「コップのシキ子」というキャラクターがCDデビューを果たしたのはご存知だろうか。シキ子さんは、「コップのフチ子」を販売する株式会社奇譚クラブの広報担当者。性別は男性である。もともと、フチ子を宣伝するために現れたはずが、自らテレビや雑誌に登場するなどしてメジャー化してしまった。あまりに異色すぎる広報マンのシキ子さんに「コップのシキ子」になったきっかけや「コップのフチ子」の今後の展望などについて話を聞いた。

 ーーシキ子さんの人気は高まる一方ですね。そもそもなぜ「コップのシキ子」になろうと思ったのですか?

 それが、気がついたらOLの制服に手を通していたんです。ちなみに、私がシキ子になった時の家族の反応はキツかったですよ。完全に無言でしたから(笑) あれから2年半、ようやく私の仕事を理解してもらえたようです。

 ーーシキ子さんになって何か変化はありましたか?

 嬉しかったのは、国内だけでなく海外にもお客様ができたことですね。こうなると、もうシキ子を辞めるわけにはいきません。私の気持ちとしては、「NO SHIKICO,NO LIFE!!」です。シキ子は私の生活の一部になっています。

 ーーシキ子さんは、そのルックスも話題になっています。特に、美脚が注目されていますが、何かこだわりはありますか?

 シキ子のコンセプトは、「ありのままで!」です。ですから、脚の手入れはしていません(笑)

 ーー確かに、これまでの写真を見ると、ムダ毛の処理はなさっていないようですね。でも、やはり脚の形は美しいと思います。では、今後の野望を教えてください。

 まずはメジャーデビューです! 実はリリースしたCDは、インディーズなんですね。今度は、メジャーレーベルからCDをリリースしたいです。その後は、ドラマに出演してOLを演じてみたいです。

 ーーええーーーっ!! (スタッフ一同)

 何でそんなに驚くんですか!? 本気なんですよ!

 フチ子関係のイベント司会やサイン会、撮影会などでさまざまな才能を発揮してきたシキ子さん。今後ドラマで素晴らしい演技を見せてくれるかもしれない。

 ところで、本家本元の「コップのフチ子」についても謎が多い。これまで疑問に思ってきたことを、シキ子さんに聞いた。

 ーーフチ子にプロフィールがないのはなぜですか?

 もともと、誰にでも愛されるキャラにしようと決めていました。そのため、あえて詳細なプロフィールを作らなかったんです。青い制服を着ているのも、ほぼ同じ理由ですね。日本人なら誰もが「どこか懐かしいな」と感じるような、普遍的で嫌味のないデザインを採用しました。

 ーーフチ子さんは、多種多様なポーズでフチにぶらさがっています。あのポーズは、どのように決めているのですか? 個人的には「一回落ちたフチ子」(写真下)というポーズが好きなのですが。

 フチれたら全てOKです! ネタ的な意外性との戦いですね。実際にスタッフがポーズを取ったりなどもしていません。フチ子さんの原型師は優秀なので不要なんです。ポーズほぼ決め打ちですね!

 ーー最後に、今後の展開と「教えて!goo」の読者へメッセージをお願いします。

 今後も、皆様が思わず驚くようなコラボを展開するなど、いい意味で期待を裏切っていきたいと思います。どうか、フチ子さんを嫌いにならないでください……っ!

 某アイドルグループの卒業ライヴを彷彿とさせるコメントで締めてくれたシキ子さん。当然だが、シキ子さんが引退する日はまだまだ訪れそうにない。これからのフチ子&シキ子の活躍に注目だ!

 「教えて!goo」では、「コップのフチ子さんでお気に入りのポーズはありますか?」への回答を募集中だ。

 ●取材協力:株式会社奇譚クラブ 広報

 教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

教えて!ウォッチ

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。