エンドロール必見の映画は? 一番長いのは?

2016.09.01


【拡大】

 毎月1日は「映画の日」として、割引サービスを実施する映画館が多い。ありがたい話だ。せっかくだからより一層映画を楽しめる情報を提供したい。「教えて!goo」「エンドロール中orエンドロール後に『お楽しみ』がある映画」との投稿を見つけたので、さっそくAll About「映画」ガイドであり、映画ブログ「カゲヒナタのレビュー」を運営するヒナタカさんに話を聞いてみた。

 ■ギネスも認めるエンドロールが長い映画

 まずは一番長いエンドロールから。ギネスブックに長く載っていた『ウエスタン』(1968年)の約12分半を更新したのが『X-ミッション』(2015年)で、約13分半に及ぶ。11カ国の山岳スタッフの名前が入っているそうだ。

 エンドロールが必見の作品としてここ20年で公開された映画の中で真っ先に挙がったのが『SUPER8/スーパーエイト』(2011年)。劇中で主人公を含む少年たちが作ったゾンビ映画を観ることができる。『トイストーリー』(1995年)『バグズ・ライフ』(1998年)などピクサー作品では、CGアニメなのにNGシーンをわざわざ用意した。

 最近の中ではリブート作品の『ゴーストバスターズ』(2016年)。ヒナタカさんは「ネタバレになるので言えないが、本編中で『観たかった!』と思うシーンをこれでもかと観せてくれた」と絶賛している。

 魅力あふれるエンドロールがたくさん見つかった。さらに作品名は続々と挙がっていくのだが、字数の都合ですべて紹介できないのが残念でならない。

 ■エンドロールの途中で帰るのはマナー違反?

 ところで洋画のエンドロールをひたすら眺めているのは退屈なときもある。途中で帰るのはマナー違反なのだろうか?

 ヒナタカさんは「余韻を楽しみたい人もいるので、できれば席を立たない方がいい」と指摘し、「近年はエンドロール後にオマケも多い」とも。トイレが近いとか、駄作だったら一刻も早く出て行きたい、などの理由があるならば端に座っておこう。

 ■エンドロールの監督名登場、そこで駄作か傑作かがわかる!?

 ところで、キャストの名前の順番などにセオリーはあるのだろうか? 「有名な俳優、重要な役柄が先に表示されるとは限りません。登場順に表示されることも多くなっています」だそうだ。また「音楽関係のクレジットが出たら終盤に近いことがほとんど。曲名が表示されたら“そろそろ終わり”と考えてもいい」とのことだった。

 最後にエンドロールにまつわる都市伝説をひとつ紹介してもらった。「最後に監督の名前でスクロールが止まるか、そのまま流れるかで、駄作か傑作かが判断できると言われています。名前で止まるのは駄作であることが多いのです」とヒナタカさん。世の映画監督はこの噂を知っているのだろうか。

 ●専門家プロフィール:All About「映画」ガイド ヒナタカ

 「シネマズ by 松竹」などで記事を書いているフリーライター。映画ブログ「カゲヒナタのレビュー」運営中。

 (武藤章宏)

 教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

教えて!ウォッチ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。