2016年に流行りそうな“トレンド鍋”3選

2016.10.21


【拡大】

 秋というより冬のような肌寒さを感じると、恋しくなるのが鍋料理である。グツグツという音はもちろん、立ち上る湯気を見ているだけでも、気持ちがほっこり暖かくなる。そんな鍋であるが、毎年のように“トレンド鍋”と言われる新種の鍋が誕生している。

 「教えて!goo」でも昨年、「鍋の季節がやってくる!専門家に聞いた今年流行しそうな鍋」ということで、変わったお肉を使った鍋が流行すると予想した。では、2016年の“トレンド鍋”は何か。鍋料理専門店「黒太鼓 池袋」に登場する鍋6種類の中から、流行りそうな3つの鍋を紹介したい。

 ■マウンテン肉鍋

 昨年からじわじわ人気が出てきているマウンテン肉鍋は、そびえ立つ山のごとく肉がつみあげられている。これ以上手を加えては肉の山が崩壊しそうであるが、2016年はさらにこの肉の山に盛った。何を盛ったのかというと、豆乳チーズ出汁。結果、冒頭の写真のように、巨大な雪山が鍋に登場することになった。その名も『肉肉肉×29(にく)盛り豆乳チーズ鍋〜雪山仕立て〜』(一人前1,780円)で、中にキャベツ、そのまわりに豚肩ロースを「これでもか!」とガッツリ盛った鍋となっている。

 ■塊肉(かたまりにく)鍋

 インパクトのある塊肉がドーンと乗った、鍋の常識を覆す新肉鍋も今年は登場する。1ポンド(453g)もの骨付き豚の塊肉をグリルし、そのまま豪快に鍋にドーンと乗せた、超ド迫力の鍋である。一見するとなんとも食べにくそうにも見えるが、塊肉は食べやすくカットして提供されるのでご安心を。「とにかく肉をガッツリ食べたい!」そんな要望を叶える肉好きによる肉好きのための新作肉鍋『肉肉肉×48時間熟成骨付き塊肉鍋』は、4〜5名用で1台9,800円となっている。

 ■どっさり草鍋

 2016年の流行食材と言えば、パクチー。「教えて!goo」に度々パクチーの記事が登場している。この春にはパクチーソフトクリームを紹介し、夏にはパクチービアのレシピを動画で掲載したが、この秋お届けするのが、骨付きき鶏もも肉をホロホロに煮込んでサムゲタン風に仕上げたパクチーてんこ盛りの「草鍋」である。

 草鍋こと『THE☆パクチニストのためのパクチーサムゲタン風鍋』(1人前1,880円)は、煮込んだ鶏の出汁をベースにショウガ、ニンニクなどを加えたスープに具材を入れ、どっさりパクチーを盛り付けている。骨付きの鶏肉もインパクト大である。〆には残った出汁にフォーを入れ、レモンを絞っていただくというなんともエスニックな鍋なのだ。

 以上3つの鍋が、今年人気が出そうな鍋として紹介したが、特にパクチー盛りだくさんの草鍋は自宅でも作ろうと思えば作れそうなので、新鮮なパクチーがおうちの近くで手に入るという人はご自宅でもぜひ挑戦してみては。

 教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

教えて!ウォッチ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。