ASKA愛人だった栩内被告 法廷で明らかになった全メール 「娘には絶対しないこと」の真意は… (1/4ページ)

2014.10.30


21日の公判でもASKAとの愛憎劇を披露した栩内被告【拡大】

 「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明、56)=執行猶予付き有罪判決が確定=の愛人で、覚せい剤取締法違反(使用)罪で起訴された栩内(とちない)香澄美被告(37)の裁判では、栩内被告とASKAのメールの内容が注目されている。「シャーペン」「娘には絶対しないこと」「おやすみの薬」…。2人の濃密な関係性を物語るように、意味不明な言葉がつづられる。法廷で明らかになった全メールの中身とは−。

 ◆2014年2月10日のメール

 栩内被告(以下栩)《わたし、お別れしたら、モデルちゃんみたいにメールすることはない》

 栩《約束は守ってください》

 栩内被告は、法廷でASKAには他にモデルの愛人がいたと暴露。「出会ったころからの悩みの種です」と明かした。

 栩内被告はASKAと「薬に手を出さない」などと約束を交わしていたとし、メールについて「私と別れてからも約束だけは守ってください、という意味」と述べた。

 弁護側は、栩内被告が、昨年夏に覚醒剤使用疑惑が報じられたASKAを心配し、使用しないよういさめるメールを何度も送っていた、と主張している。

 ◆3月29日夜のメール

 栩《いま、にんぷうだよ》

 栩内被告とASKA被告が出会ったのは、栩内被告の勤務先の親会社である人材派遣会社「パソナ」の食事会。栩内被告が“接待役”として活躍したとされるパソナの迎賓館「仁風林(にんぷうりん)」(東京・元麻布)の存在もメールで明かされた。

 検察官に「どういう人が出入りするのか」などと問われ、栩内被告は「社員の皆さんと一緒にいたり、取引先の人もいます。ASKAさんも知っています」と説明。仁風林で薬物関係者と出会ったかとの質問には「そんなことは考えたことはありません」と否定した。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。