米在住の主婦が書いたフォトエッセー 異例の大ヒットの秘密 ジョンソン祥子さん (1/2ページ)

2014.11.20


 米ミシガン在住の主婦、ジョンソン祥子さんの新刊本「いつもとなりに」【拡大】

 米ミシガン州在住の主婦のフォトエッセーが異例のヒットとなっている。ブログから人気に火がつき、これまでに計3冊を出版し累計14万部以上を売り上げた。フォトエッセーの主役は、かわいい子供と柴犬という“最強”のコンビ。動物と子供がふれあう姿に癒やされる人が続出し、関連イベントも満員御礼となった。普通の主婦がベストセラー著者になった秘密とは−。

 『ことばはいらない』(2013年5月刊)、『ぼくのともだち』(同10月刊)、『いつもとなりに』(14年10月刊、いずれも新潮社)の3冊のフォトエッセーを出版したのは、ジョンソン祥子さん(37)。

 日本で知り合った米国人男性と結婚後、05年に渡米。07年から夫の実家があるミシガン州に移り住み、フォトエッセーは同州での長男、一茶くん(3)と、柴犬のマルの成長期をまとめたものだ。

 出版のきっかけは、08年に始めたマルのブログ「Maru in Michigan」だった。「周りに日本人がいなくて日本語で感情を表現できなかったので何か発信したかった」と気軽な気持ちで始めたが徐々に評判に。11年に一茶くんが生まれると、反響はさらに大きくなり、新潮社の編集者の目に留まるまでになった。

 「(米国在住で)世間離れしているので、実感がなくて…。日本に帰国した際にTSUTAYAで入り口に自分の本が平積みされていてびっくりした」(祥子さん)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。