《zak女の雄叫び お題は「士」》産経前支局長問題で、「司法の独立」うそぶく韓国紙の噴飯に呆れる弁護士 (1/2ページ)

2015.11.05


韓国・ソウル中央地裁【拡大】

 やはり韓国最大部数を誇る朝鮮日報らしいとでもいうべき社説でした。先日やっと実現した日韓首脳会談で、安倍晋三首相が産経新聞のソウル前支局長問題を取り上げたことを「もし裁判に影響を及ぼす意図でこの問題を取り上げたとするならば、韓国における司法の独立を侵害することになる」とぶったのです。

 へ? 韓国に(きちんとした)司法の独立がありましたっけ? 政権の意向を汲(く)んだとしか思えない戦時賠償をめぐる訴訟の判決、複数の歴代大統領が引退後は収賄や不正蓄財、クーデターに関与したなどとして訴追され、報道陣の前に引き回しされる…。

 有罪判決が出されながらも結果的には特赦される。最後まで罪を問う姿勢はうかがえません。訴追はあくまで見せしめであり、刑事司法が政治的に利用されている。もしくは政争に巻き込まれているとの印象が強い。

 安倍首相がこの問題を首脳会談で提起したのは、朴氏が大統領だからではありません。名誉毀損事案の「被害者」だからです。何度も書いていますが、名誉毀損は反意思不罰罪ですから、被害者が処罰を望まない、と意思表示すれば裁判は終わります。だいたい朴氏は「処罰を望む」とも公言していない。被害者の明確かつ決定的な意思表示がないまま、裁判が続いている状態なのです。

 そもそも、司法の独立、三権分立云々を言うのであれば、国家元首が被害当事者となっている裁判の妥当性やあり方について問題提起してみたらどうですか?刑事司法は国家権力そのものなのですから。

 「司法の独立」を訴える朝鮮日報ですが、何より同紙自身が自国の司法制度を本当に尊重しているのかどうかも疑わしい。

 前支局長が引用した社説を執筆した同紙の論説委員は弁護側証人としての再三の出廷要請にもかかわらず、「業務」を理由に法廷に現れることはありませんでした。この態度には前支局長側の弁護士もあきれていました。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。