《zak女の雄叫び お題は「士」》本当にいた!「別れさせ屋」 これが離婚訴訟の最新実態 (1/2ページ)

2015.11.16

 お題は「士」。ということでかつては憧れた「弁護士」先生について。高い倫理観を持ち不正をただす正義の味方というイメージも強いのですが、実際のところ、自分の主義主張を実現させるためなど、首をかしげたくなる先生もいることを取材を通じて知りました。

 また、古美門研介(フジテレビ系ドラマ『リーガルハイ』)ほどではないにしても、大なり小なりお金のためという方も少なくありません。特に、司法制度改革後は、弁護士の数は倍増したのに、交通事故や倒産件数、刑事事件は減少。少ないパイを多くの弁護士で取り合う状況のため、経験の浅い弁護士ほど食べていくのが難しく、まさに背に腹は変えられないといった状況もあるようです。

 そんななか、比較的安定して収入になるのが離婚訴訟です。ホームページで「離婚」「弁護士」と入力すると、次々と弁護士事務所のサイトが出てきます。中には、確たる離婚の意思を固めないまま無料相談などに釣られて、離婚相談にきた既婚女性に「あなたはDVの被害者だ」「精神的DVは、本人が被害に気づかない場合もある」など、被害者意識を埋め込む場合も。

 都内の共働き家庭の夫側から取材したケースでは、「親権をとって確実に離婚したいなら、子供を連れて家を出なさい」と弁護士に勧められた妻は突然、子供を連れて家出。行き先は、新しく借りた近所の賃貸マンション。夫の男性によると子供たちは「お父さんと会ってよいのは面会交流日の月1日」などと信じ込まされ、自由に子供たちと会うこともかなわなくなったそうです。男性は「弁護士は、まるで家族を破壊することが目的のようだ」と怒り心頭の様子でした。

 男性側だけの一方的な意見なので、軽々しくは判断できませんが、家庭裁判所の調停委員をしている女性に聞くと、やはり「別れさせ屋」の弁護士は多々存在し、調停でも眉をひそめる場面が増えているとのこと。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。