《zak女の雄叫び お題は「爆」》中国爆買いの裏に憧れ、「日本」はステータス (1/2ページ)

2015.12.17


爆買いする外国人観光客【拡大】

 地下鉄に乗れば、あちらこちらから中国語など外国語が聞こえてくるのはいまや普通だ。まだ訪日外国人の数が現在ほどではなかった2年ほど前。満員電車で大声で話したりマナーの悪い外国人を見つけると、嫌な気分がした。しかし、毎日、外国人と同じ電車に乗っていると慣れてくるものだ。「今日会った観光客はどこへ買い物に行くのかな」と気になるくらいだ。

 大阪では繁華街ミナミを中心に多くの外国人観光客が訪問、「爆買い」現象が起きている。日本製の水筒や炊飯器、電化製品のほか、洋服や化粧品も。大量の日本製品を買って、両手にいっぱいの買い物袋を提げる外国人を街中で見かける。ここ2、3年で訪日外国人による消費は大幅拡大。爆買いは関西の経済を支える要因のひとつだ。

 急に沸いたかのような爆買い需要。しかし、下地は前からあった。日本に頻繁に遊びに来る中国人や韓国人、台湾人や東南アジアからの人々。彼らは、私たち日本人が思っている以上に、以前から日本製品に憧れを抱き、信頼を持っているということだ。

 「日本の会社に就職することは彼らにとってすごく格好いいことなんです」

 日本と韓国の間で人材交流を進めるベンチャー企業の経営者は打ち明ける。

 日本での就職を希望する韓国の優秀な若者と、国内の優秀な人材を大企業に取られがちな中小零細企業をマッチングさせるのが仕事だ。日本語も話せるほか、母国語の韓国語はもちろん英語もできる若者さえいるといい、憧れの日本企業への就職を決めただけあって仕事ぶりは優秀という。

 日本企業に就職することは、彼らにとって、ある種のステータスにもなっているようだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。