《zak女の雄叫び お題は「実」》女性の足を引っ張った? 潘基文国連事務総長 (1/2ページ)

2016.10.12

国連の潘基文事務総長(ロイター)
国連の潘基文事務総長(ロイター)【拡大】

 「森の中ですでに倒れた木」。10年に及ぶ任期を終え、年内で退任する国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長に、欧米メディアは容赦ない批判を浴びせ続けましたが、米メディアが放ったこの言葉。思わず膝を打ってしまいました。いやはや何とも強烈。

 潘氏をある意味すごいと思うのは歴代の事務総長が“成し得なかった”ことをした点です。(1)自身の不用意な発言がきっかけで西サハラでのPKO部隊を撤退させてしまった(2)パレスチナのテロ組織の殺傷行為に理解を示す発言をしてイスラエルの激しい反発を招いた(3)2008年のチベット騒乱のとき、中国に配慮して沈黙した(4)日本や欧米諸国の首脳が軒並み欠席した昨年9月の中国の軍事パレードに喜々として参加した−。

 国際社会の平和と安全の維持や人権問題に逆行、もしくは疑問符をつけるような言動をする国連トップは前代未聞。倒れているのは歴代の事務総長たちかもしれませんねえ。驚きのあまり(笑)。

 そもそも10年前に行われた選出のときから筆者は疑問を感じていました。当時はアジア地域から選ばれるというのが暗黙の了解になっていてアジア出身の国連高官や元首相らが参戦しましたが、彼らにはそれぞれ国連をどういう組織にしたいか、何を改革したいかというビジョンがありました。

 しかし、あるとき突然浮上してきた潘氏にはそれが感じられなかった。

 しかも出身国は準戦時体制にある分断国家で不安定な状況にあります。米国の軍事同盟国という、紛争の仲介や交渉の場では足かせになる要素もあります。(世界には反米を掲げている国がたくさんありますので)

 そもそも自国周辺への対処で手いっぱいな韓国が、中東和平やアフリカ諸国での紛争解決にどれぐらいプレーヤーとして関われる余裕があったものなのか。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。